プロジェクト紹介

佐賀大学では8つのプロジェクトを実施しています。

※クリックするとPDFが開きます。

さが地方創生人材育成・活用プロジェクト

全学教育機構:地域志向型キャリア教育プログラム開発

五十嵐 勉 全学教育機構教授

代表:五十嵐 勉
全学教育機構教授


学生が将来にわたり「個人と社会との持続的発展を支える力」を培うことを目的としています。現代社会が抱える諸問題に目を向けて課題を発見し、解決に向けて取り組む姿勢を通して、授業や演習で学んだ知識や技能を実践の場で活かす力を身につけます。
詳しく見る

芸術地域デザイン学部:デザイン力養成による地域再生人材育成

山下 宗利 芸術地域デザイン学部 教授

代表:山下 宗利
芸術地域デザイン学部教授


佐賀大学に新設された芸術地域デザイン学部*1では地域志向教育を強化し、佐賀県(有田・唐津・伊万里)の伝統産業である窯業と新しいセラミック産業を担う人材養成、芸術的素養を基盤にした地域創生を担うデザイン力を有する人材の育成を目標としています。
詳しく見る

教育学部:子どもの発達支援士育成

石井 宏祐 教育学部 准教授

代表:石井 宏祐
教育学部 准教授


教育学部では佐賀大学を含む県内5大学の取り組みである「子どもの発達支援士養成プログラム*」を見直し、向上させつつ、さらにその資格を用いて、地元の就職につなげていくことを目的としています。療育施設等で入職直前の現場実習を行うことを検討しており、支援力の更なる向上と支援者としての自覚を高めることができます。
詳しく見る

経済学部:実践的地域志向キャリア教育・地域労働市場の実態調査分析

戸田 順一郎 経済学部准教授

代表:戸田 順一郎
経済学部准教授


経済学部では、本学部学生の県内企業への就職を促進するため2つの取り組みを行います。第一に、地域志向型調査研究として、県内企業を対象とした地域労働市場実態調査の実施。これにより、企業の雇用状況・ニーズの把握および県内企業との関係構築による事業の円滑化を図ります。
詳しく見る

医学部: 障がい者就労支援士養成

堀川 悦夫 医学部 教授

代表:堀川 悦夫
医学部教授


医学部では平成21年度より文科省特別教育経費の支援を得て、全国‘初’の障がい者就労支援コーディネータ養成を目的とする「障がい者の就労支援に関する高等教育カリキュラムの開発」事業を行ってきました。
詳しく見る

理工学部: 創造型工系キャリア教育による人材育成/セラミック産業を担う人材育成

三島 伸雄 工学系研究科教授

代表:三島 伸雄
工学系研究科教授

矢田 光徳 准工学系研究科教授

代表:矢田 光徳
工学系研究科准教授


理工学部では1.キャリア教育、2.地方創生PBL演習、3.雇用創出型プロジェクト研究の3つを軸としてCOC+事業に取り組んでいます。
詳しく見る

農学部:農業のIT化・6次産業化・コスメティック産業を担う人材育成

田中 宗浩 農学部教授

代表:田中 宗浩
農学部教授


農学部では,佐賀の豊富な農林水産資源に立脚した新たな産業の創出と高度化に取り組み,6次産業化を担う人材育成と地元雇用の創出を目指します。具体的には,唐津コスメティックバレー構想と協働しながら,農学部で培ってきた化粧品素材シーズである麹セラミド,柑橘コレクション,黒酵母多糖類を中心とした原料素材開発と機能性評価研究を推進します。
詳しく見る

キャリア・アドミッションセンター:地元就職率向上支援と地元入学率の向上

光富 勝 キャリアセンター長

代表:光富 勝
キャリアセンター長


高等学校教育と大学教育の円滑な接続を図るために佐賀県教育委員会と連携した「教師へのとびら」、「科学へのとびら」などの高大連携プログラムの実施やジョイントセミナー(出前授業)の実施回数を増やすなど、大学の教育研究活動のPRの機会を充実させ、佐賀大学への関心・興味を高める取り組みを中心に行います。
詳しく見る