COC(Center of Community)

佐賀の地における知の拠点機能の強化

事業報告

2018-04-12COC(Center of Community)
平成29年度のCOC事業報告が完成!
  一覧へ  

内容

 平成25年度に文部科学省の採択を受けて、地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)「コミュニティ・キャンパス佐賀アクティベーション・プロジェクト」が始まりました。
これは、文部科学省が推進する「地域再生・活性化の核となる大学の形成」のための補助事業として実施され、大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進めることで、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。
 本事業は、平成29年度に補助事業としては終了し、平成30年度からはCOC+の一環として継続して実施します。今後も、佐賀県全域をキャンパスと位置づけ、学生・教職員による実践的な教育・研究を通して、地(佐賀県域)と知(教育研究)のアクティベーション(活性化)を進めることで、佐賀の地における知の拠点としての機能を強化します。

これまでの取り組み

平成25年度から平成29年度までの取り組みについては、下記URLからご確認ください。

コミュニティ・キャンパス佐賀アクティベーション・プロジェクト
https://ccsap.saga-u.ac.jp