教育学部

子どもの発達支援士育成

事業報告

  一覧へ  

内容

教育学部では佐賀大学を含む県内5大学の取り組みである「子どもの発達支援士養成プログラム*」を見直し、向上させつつ、さらにその資格を用いて、地元の就職につなげていくことを目的としています。

療育施設等で入職直前の現場実習を行うことを検討しており、支援力の更なる向上と支援者としての自覚を高めることができます。

プログラムを現場のニーズにより対応したものとすることができ、また、子ども発達支援士を広く知らせることとなり、就職先の開拓につながります。

 

*子ども発達支援士養成プログラム
佐賀県5大学は共同して、発達障害等のある子どもへの確かな支援力と幼児教育に対する強い情熱をもった、幼稚園教諭や保育士等の養成に取り組んでいます。

子ども発達支援士とは?
幼稚園、保育所、小学校等に関する免許・資格を有する方で、子どもの成長・発達に関する知識や技術の学修をもとに、発達障害等のある子どもの困り感に気づき、子どもによりそった支援ができ、また保護者を支援できる方に対して、大学コンソーシアム佐賀が認定する資格です。

大学コンソーシアム佐賀HPより引用

教授の紹介

山下 宗利 芸術地域デザイン学部 教授

代表 石井 宏祐
教育学部 准教授