芸術地域デザイン学部

デザイン力養成による地域再生人材育成

事業報告

  一覧へ  

  • 芸術地域デザインフィールドワーク風景01フィールドワーク風景
  • 芸術地域デザインフィールドワーク風景02フィールドワーク風景

内容

佐賀大学に新設された芸術地域デザイン学部*1では地域志向教育を強化し、佐賀県(有田・唐津・伊万里)の伝統産業である窯業と新しいセラミック産業を担う人材養成、芸術的素養を基盤にした地域創生を担うデザイン力を有する人材の育成を目標としています。
さらに、佐賀大学と有田窯業大学校との統合により、有田町の窯業の地域資源を活用した新たな地域再生に結びつくことが期待されます。
フィールドワークを基本とし、学生が自ら地域に足を運び、五感をフルに活かして学生の視点で地域の課題を発見し、課題の解決に向けた取組みを主体的に行うアクティブ・ラーニング手法を取り入れています。
セラミック関連産業の振興を、芸術−経済−工学分野の相互の連携によって推進することも視野に入れています。
*1 2016年4月開設

教授の紹介

山下 宗利 芸術地域デザイン学部 教授

代表 山下 宗利
芸術地域デザイン学部 教授