(11/6)「キャリアデザイン」看護師・島ノ江氏の講義

 

 

 

 

 

 

 

11月6日のキャリアデザインは、島ノ江里美氏の講義でした。

島ノ江様は佐賀大学医学部看護学科を卒業し、整形外科勤務を経て保育園での看護職として勤務し、現在はご夫婦で耳鼻咽喉科を経営しながら、佐賀大学大学院に通われています。

就職した最初の一年は不規則な勤務パターンや新しい環境、なかなか信頼を得られない辛さなどにやりがいを感じることができなかったそうです。

しかし3年目から仕事の要領もつかめ、周りからの信頼と充実感を得、仕事が楽しくなってきたそうです。

しかし女性としてのライフステージを考慮し、転職先として選んだのが保育園の看護職という仕事でした。

病院で勤務された看護師さんならではの夜勤の話や、病院とは全く違う保育園での仕事内容に対する試行錯誤のお話に、学生たちも興味深く聞き入っていました。

看護師として病院で働くことと・保育園で働くこと、違いはたくさんあるけれど、たとえどの職についてとしても必要なのは、「信頼関係を築くこと」だとお話しいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 


« »