11/21「佐賀版キャリアデザイン」で考える「佐賀(地方)で働く意義」

  

2018年11月21日(水)の「佐賀版キャリアデザイン」は、「佐賀(地方)で働く意義」についてワールドカフェで考えました。

初めに全学教育機構教授の五十嵐先生からワールドカフェの説明があり、その後、4つの教室に分かれテーマに沿ってワールドカフェを実施。参加した学生は、自己紹介から和気あいあいとして楽しそうでした。

最後の発表では、「“働く”ということはその土地で“暮らす”ということ。佐賀は住みやすく、九州圏内でも他県にアクセスできる交通の便の良さ、食の豊かさがある。」という意見や、「東京一極集中を是正できる」「過疎化の防止になる」「地方の活性化、地域貢献になる」などの意見が出ました。

 

「佐賀(地方)で働く意義」は、学生が就職活動やこれからのキャリアデザインを考えるときに、“働く目的”とともにもう一度考えてほしいテーマです。


« »